AGAの原因と治療方法

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれ、主に男性がなる薄毛、脱毛のことであり、早い人では20歳以降にこれらの症状が起こります。


特徴として額の生え際や頭の頭頂部から徐々に髪が薄くなります。

毛包が育たないため、太くなる前に抜けてしまいます。

また、ゆっくり進行するため、気付かない場合が多いです。治療をしないとどんどん進行します。



AGAの原因は遺伝的要素が多く占めます。
遺伝子の特性上、毛髪に関しては母方の祖母や祖父から遺伝しますが、父方の脱毛が息子にも影響していることも知られています。

AGAでは男性ホルモンの内、DHTが脱毛に影響しており、これが高濃度で存在すると毛髪の成長を妨げることになり、ヘアサイクルが短くなり、脱毛が進行します。DHTを抑制することが脱毛の進行を防ぐことが出来ます。通常、男性の性欲に関わるホルモンはテストステロンですが、5αリダクターゼ還元酵素の活性によりDHTに変化します。

治療法はミノキシジルなどの血管拡張薬を塗ることですが、この薬には頭頂部には効果がありますが、生え際にはないことが知られています。



また、頭の痒みなどの副作用もあり、重篤なものとして循環器疾患による死亡事故も起こっています。



その他の治療法として抗男性ホルモン剤を服用することで、血中のDHTの毛包への作用を阻害する方法がありますが、女性化乳房などの症状が出ることがあります。
その他に生活習慣の改善により、頭皮の環境を整えたり、最近では植毛や増毛によって増やす方法もあります。



Copyright (C) 2015 AGAの原因と治療方法 All Rights Reserved.